「予防こそ最高の医療」と考えます

予防こそ最高の医療

歯科医院へ行くときは、どんなときですか?むし歯が痛み出したなど、何らかのトラブルが生じたときに行くところ、そう思っている方は多いのかもしれません。そのような方にとっては「予防歯科」と聞いても、どこかピンとこないのではないでしょうか。

確かに「予防歯科」とは、むし歯がないのにわざわざ歯科医院へ行くことですし、痛くないのに歯科医院へ行くことでもあります。しかし、この「予防歯科」こそが「最高の医療」なのです。

たとえば、むし歯になって歯に穴が開いてしまったとします。痛みもあります。これを治療するのは、確かに歯科医師の仕事です。でも、開いてしまった穴を埋めたり削ったりすれば、もう二度とむし歯にはならないのでしょうか。

原因をなくさなければ、むし歯は治らない予防こそ最高の医療
皆さまに知っていただきたいのは「むし歯は治せるものではない」ということです。こう言うと、歯科医院なのにむし歯も治せないのか、なんて言われそうですね。考えてみると、何事も原因があって、そこから結果が生まれます。「むし歯で穴が開いた」ことは、原因ではありません。結果です。

むし歯の治療、つまり穴を詰めたり被せたり、これは結果に対する対症療法であって、むし歯そのものをなくす方法ではありません。別の言い方をすれば、治療しただけでは原因をなくしたことにはならないということです。

残念ながら、どんなに治療を頑張ったところで、治療だけではむし歯は治りません。そして治療の繰り返しは、あなたの大切な歯を失っていくことにつながります。

歯を守る上で最も大切なことは、むし歯ができた原因を知り、その原因をなくすことです。これは、むし歯だけでなく、歯周病にも同じことが言えます。

むし歯は、治すものではなく、防ぐものであること。歯科医院は痛くならないため、そして歯を守るために行くところ。当院では、患者さまが来院される度に健康になっていく場所でありたいと願っています。

原因は1つではない予防こそ最高の医療
むし歯や歯周病の原因は、決して1つではありません。10人の方がいれば、10の原因があるのです。そこで大切になるのが、検査とカウンセリングです。

一人ひとりのお口の状況を把握するために、検査は欠かせません。もしもダイエットをしようと思ったら、まず体重を量るでしょう。今体重が何キロで、身長が何センチで、脂肪がどこに何グラムついているか。こうした検査の上で、初めて自分に合ったダイエットの方法を知ることができます。予防歯科もこれと同じです。

それでは、検査によって得られたデータや資料があれば、それで十分でしょうか。答えはNOです。患者さまのデータや資料から、この方はなぜむし歯になり続けるんだろう、なぜ歯周病が進むんだろうと、生活上にある原因を探ることが重要なのです。

ところが、医師やスタッフが患者さまと一緒に生活して観察することはできませんので、生活上にひそんでいる原因を直接知るには無理があります。だからこそ、当院ではカウンセリングをとても大切にしているのです。

私たちのカウンセリングは、患者さまのお話しを聴くことです。患者さまは誰でも健康でありたいと思っているはずです。聴くことをとおして「何のために健全なお口でありたいのか」を確認しながら、その方に本当に必要な治療と予防に結び付けていくこと、これが、当院のカウンセリングの基本的な考え方です。

無料相談・カウンセリング承ります

診療のご相談・ご予約お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは「HPを見ました!」とお伝えください お問い合わせはこちら