あなたの大切な歯だから

歯を喪失さないために

来院される方の多くは、自分の歯を抜きたくないと思っています。「喪失感」を味わいたくないと思っていらっしゃるのかもしれません。事実、グラグラで噛めない状態なのに、抜くのはイヤだという方はとても多いのです。

そんなとき、本当はどうなりたいのか。私たち医療者が思う理想と、患者さまが思う理想は違うかもしれません。ぜひ、ご相談ください。

良いこと悪いことの知識
ある患者さまが「なぜこれほどむし歯になりやすいのだろう」と気にされていました。いろいろお話を聴いていくうちに、健康のためにお酢を欠かさず飲んでいることがわかりました。ところが、問題はその量。1日中、チビリチビリと飲んでいたのです。

もちろんその方は、過ぎた量のお酢が歯を溶かしてしまうことなど知るはずもなく、ただ身体に良いと思って飲んでいたとのこと。じっくりお話を伺わなかったら気付かなかったかもしれません。身体に良いと思って摂っていたお酢も、摂り方によっては歯を溶かしてしまうことがあります。上手な摂り方さえ知っていれば、歯を溶かさずに済むのです。

良いとわかっても、できること・できないことがある歯を喪失さないために
誰でも、よく歯磨きをして、甘い物を一切食べず、タバコも吸わずに規則正しい生活をすれば、歯にも身体にも良いことはわかっています。でも、わかっていてもなかなかできないことがあることも、わかっています。

だからといって、甘いものを食べるな、理想的なブラッシングをしろ、禁煙しろ、と言われてできるものでもありません。できること、できないことがあるのは当然であり、食べたいものを控えるのは別の苦痛を生むことにもなります。

現在の生活環境の中に歯周病やむし歯の原因があるなら、その生活環境のどこなら改善できるのかを考えます。急に改善するのは誰にとっても難しいことです。でも、どこまでならできるか、できる範囲のことは何か、まずはできることから実践します。そして、足りないところを私たち歯科医院がフォローします。

大切な歯を失わないために必要なこと、それは患者さまと歯科医院との二人三脚で行うお口のケアです。

一人ひとりに適切なケアを

歯を喪失さないためにお口の状態や環境は、一人ひとり違っています。だから、むし歯になりやすい人もいればなりにくい人もいます。なりやすい方は、自分自身でしっかり認識すれば気をつけられるでしょう。逆に、なりにくいと知っていると、かえって認識が甘くなってしまう方もいらっしゃいます。

むし歯になりやすい人、歯周病になりやすい人、こうした傾向も確かにあります。歯は丈夫でも歯周病に気をつけなければならない、といったさまざまなタイプがあるので、自分はどこに注意したら良いのかを知ることが大切です。

始めは「歯なんて痛みさえなくなってくれれば良い」「普段のケアなんて面倒」と感じていた方が、自分のお口の状態を知ると同時に、自分でできる範囲を知ることで、とても良い状態に好転していく患者さまも多くいます。

患者さまとの二人三脚のありかたも、オーダーメイドなのです。

患者さまの意識も変わっていく

歯を喪失さないためにお口の中が一人ひとり違うように、歯を守ることへの意識も違います。ごくごく一般的な意識だった患者さまが、私たちに「歯は本当に大事だよ、食べられるって良いよね」などと話しかけてこられるようにもなりました。「ここはどうやって磨いたら良いの?何を使ったら良いの?」などと質問をいただくと、うれしくなると同時に、歯に対する意識が変わったなと実感します。

無料相談・カウンセリング承ります

診療のご相談・ご予約お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは「HPを見ました!」とお伝えください お問い合わせはこちら