一般歯科とは

一般歯科とは

むし歯治療、歯周病・歯槽膿漏治療、抜歯、炎症処置、知覚過敏など、いわゆる「歯」の治療全般を指すのが一般歯科です。当院が一般歯科で心がけていることは2つあります。

1つ目は、患者さまの想いをきちんと受け止めることです。私たちは「患者さまのお話しを聴く」ことを大切にしています。患者さまの気持ちを引き出すことで、その方に合ったご提案ができます。口腔内のことでお悩みの際は、遠慮なくご相談ください。ご希望に添えるよう最善の努力をいたします。

一般歯科2つ目は「MI治療」です。「むし歯は治療したいけど、できるだけ歯は削りたくない」という患者さまは少なくありません。こうしたケースで行われる、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を「MI治療」と言います。

MI治療の「MI」は、Minimal Intervention(ミニマル・インターベンション:最小限の侵襲)の略です。歯科治療の場合「極力歯を削らない、抜かないで、今ある歯をできる限り残す」という意味です。治療法というよりも、治療にあたるときの基本的な考え方、と言ったほうが良いかもしれません。

痛くない治療

痛くない治療「痛くない治療」は、患者さまが望まれる大切なポイントでしょう。肌に感じる感覚と比較すると、お口の中はとてもナイーブです。だからこそ「痛くない」治療が必要です。

特にお子さまの場合は、痛み以前の問題として、注射針そのものに不安を感じることがあります。心理状態によって、痛みをより大きく感じてしまうこともあるのです。ですから、どのような治療をどのような方法で行うのかをしっかりとご説明しています。お子さまには、針を見せない工夫や声がけの方法とタイミングで、気づかないうちに麻酔が終わっている、といった心理面での工夫も重要です。

麻酔の方法も、表面麻酔を歯ぐきの表面に塗り、粘膜表面の痛みを麻痺させることで、注射の針を刺すときの痛みを緩和させることができます。これに加えて、麻酔薬を人肌に温めることで、麻酔液注入時の違和感を抑えることができます。

むし歯の進行状態とその治療方法

むし歯の進行具合は「C」で表現され、その状態に応じて6段階で表わされます。むし歯は気がつかない間に進行してしまうもの。痛くなってからでは手遅れです。定期的に歯科健診を受けて、初期の段階でむし歯を見つけましょう。

CO(むし歯の初期状態)Co
穴があいたり、黒くなったりしてはいませんが、エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態、もしくは溝が茶色になった状態を言います。見た目にはほとんどわかりづらいむし歯の初期状態です。

この段階ならば、フッ化物入りの歯磨き剤を使ってきちんと歯磨きをすることで、再石灰化させることが可能です。普段からの歯磨きをきっちり行って進行を防ぎましょう。

C1(むし歯の中期状態)C1
エナメル質内に細菌が進入して穴があいた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。

むし歯の部分を必要最小限削り、保険適用内の白い詰め物をすることで完了します。穴の状態が小さいうちに治療を受けましょう。

C2(むし歯の後期状態の初期)C2
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態です。象牙質は柔らかいので、放っておくとむし歯は中で大きく広がります。そうなると冷たい水や風がしみるようになり、さらに甘いものや温かいものがしみるようになると、歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。

むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。むし歯が歯の深部まで広がっている場合には、麻酔をして患部を削り、型取りをして詰め物を製作して装着します。

C3(むし歯の後期状態の中期)C3
むし歯がエナメル質と象牙質を溶かし、神経(歯髄)まで細菌が進入した状態です。歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし、激しい痛みを感じます。熱い食べ物や飲み物がしみてズキズキ痛み出し、時には歯ぐきが大きく腫れます。

C3レベルでは、根管治療という歯の根の治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。被せ物などの土台になる根の治療なので、歯を残すためにはとても大切な処置です。

C4(むし歯の末期状態)C4
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。そのまま放置すると、その痛みはある日なくなります。これは、治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっている状態です。

ここまで進行すると抜歯するケースが多くなりますが、治療可能な歯質が残っていればC3のケースと同じように根管治療を行ってから被せ物をします。

無料相談・カウンセリング承ります

診療のご相談・ご予約お問い合わせはこちらから

ご予約・お問い合わせは「HPを見ました!」とお伝えください お問い合わせはこちら