TEL
MENU

子どもの偏食

   

笑顔と健康のサポーター

わたなべ歯科 仲井真です!

いよいよ2021年も後半となりました!

毎年、『一年ってあっという間だよねぇ』と言っている気がします。笑

さて今回も赤ちゃん歯科担当ならではの情報を発信していきたいと思います!

テーマは

【こどもの偏食】!

赤ちゃん歯科では、むし歯(虫歯)や歯並びのことのみならず、

離乳食や、よく噛む食材やメニューなどのお話しもさせていただいています。

その中で多く聞かれるのは

『うちの子偏食で

『なかなか食べてくれないんです』といった

ママたちの声。

顎の成長を促すためにも、しっかり噛んで食べてほしいし、

身体の健やかな成長のためにも、なんでもおいしくたくさん食べてほしいというのが親心。

しかし、どれだけ工夫しても、時間をかけても、食べてくれない我が子

もう、どうしたらいいのかわからない!

そんなママたちにアドバイスする内容の一部として、今日は大きく2つご紹介します。

まず1つは【運動】です。

これはある一定の食材を食べないというよりも、食べたり食べなかったりのムラがあるお子さんに多くみられる原因です。

みなさん、おいしく食べることができる1番の調味料って、なんだかおわかりになられますか?

それは『空腹』です!

お腹が空くから、ご飯がおいしく食べられるのです。

お腹が空いていないと、好きなものだけ選んで食べたり、あそび食べになってしまったり、、大人でも起こり得ることです。

しっかりおいしく、夢中になって食べるために【運動】は欠かせません。

また、適切な運動をしていくことで、食べるときに使う筋肉も鍛えていくことができます。筋肉がうまく使えないから食べにくいと

もう1つは【砂糖の摂取】です。

これは野菜嫌いのお子さんに多くみられます。

子どもは本能的にすぐエネルギーとなるものを欲します。野菜はビタミンやミネラルは豊富ですが、エネルギーにはなりにくいですよね。反対に炭水化物のような糖質はエネルギーになりやすい。だから好きな子が多いのです。

しかし、敏感な子どもの味覚が、一度砂糖のような強い甘味を覚えてしまうと、野菜の自然の甘味を感じにくくなり、むしろ渋みや青臭さが気になって野菜が嫌いになる・甘味以外の味覚を受け付けにくくなる、といったことがでてくる可能性が高くなります。

食べやすいように、食事を工夫することより、普段の食生活や運動量などを見返してみる方が効果的かも!?

どのような運動がいいのか?どうやって野菜好きなお子さんになっていけるのか?

これらを わたなべ歯科の【赤ちゃん歯科】で知ってみませんか?

赤ちゃん歯科で相談希望です、とお電話ください。ご来院お待ちしております。

*赤ちゃん歯科 初回相談は30分無料

2回目以降は有料となります。

 

 

 -

  関連記事

  • 狭い場所

    こんにちは!わたなべ歯科、歯科衛生士の太田です☺️...

  • 寝正月

    こんにちは!歯科衛生士の太田です!みなさんあけましておめでとうございます!今年も...

  • コラーゲン

    みなさん、こんにちは!管理栄養士の古澤です!女性のみなさんはコラーゲン大好きです...

  • 🌁⛄🌁

    こんにちは🎵 わたなべ歯科、歯科衛生士の吉田です。今日は一気に気...

  • セミナーが始まります!

    みなさまこんにちは!笑顔と健康のサポーターわたなべ歯科の赤ちゃん歯科を担当してお...

  • 噛む力🦷

    笑顔と健康のサポーターわたなべ歯科の歯科衛生士田中愛梨です😊夏が...

  • 機能矯正やってます✏

    こんにちは。笑顔と健康のサポーターわたなべ歯科の吉澤です☺先日、半...

  • にゃんにゃんにゃん😻

      こんにちは保育士の原です😋...

  • 猫のクッキー

    こんにちは!わたなべ歯科歯科衛生士の太田です🤩🌟...

  • レッスン☝

    皆さん、こんにちは!わたなべ歯科の田中です😉今日は毎月私達に歯周...

  • 医院ブログ
  • スタッフブログ
  • お問い合わせはこちら
  • 予約
  • 求人
  • アクセス・診療時間
  • ドクターズファイル
  • ドクターズファイル

TOP